紫紺宮(しこんきゅう)の本質

人の情を大切にし、愛し愛されたい気持ちが強い生まれです。
愛する対象は人だけでなく、動物や植物、人種を超えた全人類など、分け隔てがないでしょう。しかしお節介が過ぎると、頼まれてもいないのに尽くしすぎたり与え過ぎて「これだけしたのに感謝の言葉がない」と嘆いてしまうことも。

正直で誠実な紫紺宮の人は、とてもひたむき。金銭的な見返りは求めていないのですが、心の奥に「自分を気にかけて欲しい」「愛されないと生きていけない」という強い不安があります。

ですから裏切られることが多いと感じている人は、相手のために何かしてあげたいと思ったとき、実は自分の不安解消が原動力となっていないか、その都度考えるようにしてみましょう。そして相手から正式に頼まれたときだけ手伝うようにしてみることです。

報われないように感じることがあっても、その一生懸命な生き方は人の心に感動を呼び、見知らぬ多くの人たちから愛され助けられるでしょう。

対面/電話占いのご案内

岩波れいみんがあなたのお気持ちやご事情を丁寧にお聞きし、開運のアドバイスをさせていただきますので、安心してご相談ください。