まずは自分の守護宮を知りましょう

2018年2月の運勢

紅宮(くれないきゅう)

感謝年(かんしゃねん)新風月(しんぷうづき)
昨年誇らしい気持ちになったことや目標を立てたことに、再チャレンジを始めましょう。ここ数ヶ月は、「やっぱり無理かも」「できれば楽なほうに流れたい」という気持ちになりやすかったのですが、それは月運が冷え込む「冬期」だったせい。新風月の今月からは、またやる気と自信がみなぎってきます。いつも明るく、悩みなんてなさそうに堂々と振る舞っている紅宮ですが、意外に繊細で落ちこみやすい面も。今月は、そんなネガティヴを返上すると、上昇運に乗れますよ。

牡丹宮(ぼたんきゅう)

財宝年(ざいほうねん)浄化月(じょうかづき)
現在抱えている悩みや不安を、極力取り除くように努めていくと良い月です。そのためには、苦手と思って避けてきたことに向き合いましょう。牡丹宮は、人前でネガティヴな話をして周囲を暗い気分にさせたくない、と思う方。でも今月は、あまり楽天的な言動が過ぎると、お堅いタイプの人から嫌味を言われるかも。「過去に苦しい時期があったからこそ笑いの大切さを知った」などの話を、爽やかに語れるようになると、気難しい人にも理解されるようになりますよ。

檜皮宮(ひわだきゅう)

継続年(けいぞくねん)変容月(へんようづき)
理詰めで説得したり仕切るのが得意な檜皮宮ですが、今月はその長所が、裏目に出やすい注意期です。とくに新規事に関わるときは要注意。「あなたのためにもこうしたほうがいい」などと説得すると、人を操縦しようとしていると思われたり、判断そのものが外れて信用を落とす結果になりやすいとき。仕切ろうとしないで周囲の意見をよく聞きとり、見えないところでそっとサポートしましょう。あなたの優しさや緻密な仕事ぶりを、見ている人はちゃんと見ていますよ。

黄金宮(こがねきゅう)

浮遊年(ふゆうねん)調和月(ちょうわづき)
お金の扱いと体調管理に注意しておきたい月です。これまで築いてきた信用があるため、周囲からの期待が高まっていますが、今月は風邪をひいたり免疫力が低下しやすいでしょう。ここでムリをすると来月も引きずるので、どうしてもあなたでないと出来ないこと以外は、他の人に助けてもらいましょう。また、甘い言葉をささやいて急接近してくる人や、お金持ち風の異性を紹介されても、すぐに飛びつかないで。おつきあいしたい場合は信頼できる人に相談するなど、慎重になりましょう。

菫宮(すみれきゅう)

具現年(ぐげんねん)感謝月(かんしゃづき)
先月に引き続き、運気は絶好調!人気もうなぎのぼりで、あなたを目当てに様々なタイプの人が集まってくるでしょう。会う人の数が多ければ多いほど、自分に自信を持てるようになります。でも、来月からしばらくは停滞運に入るので、うまくまとめたい話は今月中にアクションを起こしておいて。バタバタと慌てすぎて相手が驚いてしまうかもしれませんが、今月なら、情熱的な行動家だと思ってもらえます。簡潔に説明できるよう、話の段取りを考えておきましょう。

紫紺宮(しこんきゅう)

内観年(ないかんねん)財宝月(ざいほうづき)
ただでさえ人の仕事まで抱え込みがちなほうですが、今月はいつも以上に忙しくなりそうです。「これくらい平気平気」と、カラ元気で自分を追い込むと、高熱を出したり体が動かなくなってしまうかも。周りに心配をかけまいとして、病気の自分を笑いのネタにしたりすると、ますます悪化します。そうならないためには、角を立てずに上手に断るスキルを身につけて。自分も忙しいときにどうでもいい仕事を頼まれたら、「断ったら嫌われるかも」などと考えないことです。

露草宮(つゆくさきゅう)

自律年(じりつねん)継続月(けいぞくづき)
今までずっと言えずに胸の奥にしまい込んでいた何かがあるなら、今月は思いを言葉にして相手に伝えてみましょう。中途半端で終えてしまったことへのリトライや、わだかまりをなくすことで気持ちがスッキリし、前向きになれます。自律年の今年は、一生のつきあいになる仕事先や、大口のスポンサーに出会える年。あなたさえ本気で決めれば、運命のほうが合わせてくれます。1度目でダメだった場合は、次にもっと良いチャンスがやってきます。

浅葱宮(あさぎきゅう)

挑戦年(ちょうせんねん)浮遊月(ふゆうづき)
新しいことに挑戦したい気持ちが膨らみますが、今月はフライング気味。原因は準備不足や、ライバルに負けるものかと焦る気持ちである可能性が高めです。でも、大きな運勢は上昇中なので、恥をかいても気にしないこと。あなたが思うほど周りは人のことなど見ていないし、見てもすぐに忘れます。「私にはできない」と思うなら、それは自意識過剰だから。「みんなが私のことをこう思っている」という思い込みを手放せば、人生はもっと楽しくなりますよ。

常磐宮(ときわきゅう)

新風年(しんぷうねん)具現月(ぐげんづき)
強運到来。心にふと浮かんだことが具現化しやすい月です。冗談で言ったことまですぐに引き寄せてしまうので、自分が神がかっているかと思うほど。でも口が悪いと、つまらない現実を引き寄せてしまいいます。ライバル視している相手に恥をかかせたり、陰口を言うのは厳禁。「私なんてたいしたことない」など自分を下げる言葉も言わないで。幸運の大きな波に乗る秘訣は、ネガティヴなことにフォーカスしないこと。無邪気な笑顔でいるだけで、あっという間に毎日が輝き始めますよ。

萌黄宮(もえぎきゅう)

浄化年(じょうかねん)内観月(ないかんづき)
今月は言った言わないの行き違いや、大人の対応ができないために厳しく注意されることがあるかもしれません。「私は悪くないです!」と開き直ると、事態は悪化。言ってしまってから「どうしよう、あんなこと言わなければよかった」と、凹んでしまうでしょう。そんなときは、納得できないと思っても、自分の言動が人からどう見えていたか、「事実」を見るようにすると気づきがあるでしょう。忙しくしすぎず自分の体をいたわると、失言を防げますよ。

桜宮(さくらきゅう)

変容年(へんようねん)自律月(じりつづき)
冬の運勢本番です。昨年、周囲との調和について考えたり、自分ルールにこだわるのをやめられた人は、今月は好ましい変化の兆しが見えるでしょう。
でも人間関係のイライラが変わらないという人は、「きっとまた何かミスするに違いない」と、相手に厳しい目を向け、そのサイキックアタックが相手を失敗させ、またイライラさせられます。今の時代、ミスをしない完璧主義は、AIでもできること。自らイライラを引き寄せている人は、自分の人間的な器を広げたほうが、幸せへの近道です。

黄蘗宮(きはだきゅう)

調和年(ちょうわねん)挑戦月(ちょうせんづき)
立春を迎える今月から、本格的に運勢の流れが変わります。具体的には、あなたの長所が短所に見えやすくなっていきます。今までは、間違いを指摘されると素直に反省するので許してもらえていたことも、今後は「何度も注意しているのに、またか」と、見放されてしまう可能性大。とくに新しいことに取り組む際は、自分の中に甘えや依存心が潜んでいることを認めて、気を引き締めましょう。あなたの甘えが、周りの人の負担になっているかもしれません。