【2020年3月16日号】新型コロナの不安に負けないマインド

◯◯さん、おはようございます。
 
季節は引き続き、三寒四温ですね。
 
 
先日ちょっと驚いたのは、国立感染症研究所によると、例年インフルエンザの流行は1月下旬から2月上旬ごろにピークを迎え、日本では3000人以上の方が亡くなっていますが、今年は1月上旬から減り始め、前シーズンに比べると、患者数は1/3まで減っているそうです。
 
減った原因は、新型コロナウィルス対策で、これまで以上に手洗いの習慣や咳エチケット、不要不急の外出を控えるなど、予防意識が高まったせいではないかと言われています。
 
新たな脅威に備えたことで、いつの間にかインフルエンザのピークは終息していたのですね。
 
現在は世界中が「仲冬の運勢・変容の年」なので、みんなで「辛抱の冬」「ひきこもりの冬」を過ごしながら、春を待っているのですね(^^)
 
 
 
私は普段、生きていく上でとても役立つ運命学の知恵を、ブログやメルマガ、セミナーなどで、できるだけふんわりとした形でお伝えしたい方針です。
 
もちろん、ふんわりとオブラートに包んでいない「核心」の部分については、れいみん式開運ナビゲーターを目指す方にとっては必要な知識なので、プロ科認定講座や、ごくごく一部の方にのみ、お伝えしてきましたが、
 
今日は、今まで私がずっと「いつ皆さんにお伝えしたら良いだろう?」とタイミングを見計らっていた、とても大事なお話を、メルマガ【れいみん式輝翔運命暦通信】に書いてみようと思います。
 
 
==============
お読みいただく前に、以下の記事はあくまでわたくし個人の見解であることと、私は感染症の研究者でも経済学者でもなく、スピリチュアル運命学の研究者であることをご理解ください。
==============
 
今、多くの人が知りたいのは、新型コロナの影響はいつまで続くか?ということだと思います。
 
先週、WHOがパンデミック宣言をし、アメリカの株式市場もついに過去最大の下落率を記録し、取引停止状態になりました。
 
コロナ感染の拡大自体は、ある程度の時期で食い止められたとしても、本当に深刻なのは、コロナショックによって停止状態になってしまった世界経済です。
 
 
「避難のための大移動」は、「調和年」に多い運命現象です。
 
 
(運勢の説明はこちらです
https://raymin.jp/about/ )
 
ですから2019年(調和年)は、これ以上悪くならないために、いち早く避難することが大切でした。
地球温暖化による激甚災害は年々増加し、昨年はオーストラリアの森林大火災や、日本でも台風19号の被災など、世界中で膨大な数の人々が、避難のために大移動しています。
 
そして「変容年」の今年は、安心安全が脅かされ、動くに動けない「停止」の年です。
 
新型コロナで家と会社、学校の行き来が途絶え、国から国への移動も封鎖され、人が動かないからお金の流れが止まり、売上が9割以上も減少する企業が少なくなく、倒産する会社が出始めています。
 
経済活動が止まり、流通や交通サービスも止まり、失業する方が増え、経済の悪化で今以上に身動き取れない状況が深刻になっていくのです。
 
 
輝翔運命暦では、今年の6月か7月頃、銀行またはお金に関する新たな転機が訪れる可能性があり、人々のお金の動きがさらに停止する可能性があります。
 
仮に新型コロナ感染が収束しても、今度は世界経済の破綻による新たな最低点に向かう辛抱があり、その影響は数年続くと思われます。
 
来年2021年も冬の運勢なので、少なくとも、あと2年弱は安心できない感じです。
 
変容年は冷たい雨が降り続けますが、浄化年は、雨が雪や氷に変わる年なのです。
 
 
 
さて、ここまで読んで、不安ばかりが膨らんでしまった方も少なくないと思いますが、◯◯さんは大丈夫ですか?
 
 
でも、言いっぱなしにはしませんから、安心してくださいね(^^)
 
 
未来が良くないと分かっている時こそ、先を見通す知識や知恵が必要です。
 
こういう時だからこそ、不安に振り回されずに冷静に行動しましょう。
 
そうすることで、次々と湧き上がってくる不安も、消えるのです。
 
地に足のついたスピリチュアルです。
 
 
 
今年、まず必要なのは、今までの思考と習慣を、ほぼ全部、切り替えることです。
 
今まであって当たり前だったものが、本当に、なくなっていきますので、
 
「えっ!こんなことが起きるなんて!」
 
と思ったら、嘆いていないで即座に頭を切り替えるのです。
 
例えば新型コロナ以外の体の痛みや不調があるなら、先延ばししないですぐに治療をしましょう。
 
いつでも行けると思っていた病院が、行けなくなるかもしれません。
 
 
何もかもが減っていき、停止することが予測されますので、生きていく上で最低限必要なものを十分に備蓄しておきましょう。
 
国の要請では、震災に備えて最低3日間、できれば1週間の自助をするよう言われていますが、今回の新型コロナのように震災以外でも物資の不足は起きますので、家族1ヶ月分くらい(可能ならもっと)を、今のうちから少しづつ備蓄しておいた方が良いと思います。
 
食料はローリングストック法(食べ回しながら備蓄する)と、無駄にしませんね。
 
また、家族や頼れる人を見つけておき、常に正確な最新の情報を入手しましょう。
 
新生活をスタートしたり慣れない行動をする時は、慎重すぎるくらいにあらゆる困り事をシュミレーションして、万全の態勢を整えましょう。
 
物もお金も人間関係も、今あるものを粗末にしないことです。
 
 
新型コロナに備えたら、いつの間にかインフルエンザが収束していたように、緊張感を持って正しい知識と習慣を徹底すると、不安な波動を出して現実の不安を引き寄せてしまうのを、避けられますよ!
 
 
 
外出を控えている方や、急にできてしまった時間を有効活用したい方のために、先週に引き続き電話セッションのご予約枠を増やしました。
 
詳しい日時はブログに掲載しています。
https://ameblo.jp/iwanami-raymin/entry-12541274180.html
 
 
◯◯さんも、怖がり過ぎず、しかし楽観しすぎず、運命の波を乗りこなしてくださいね!
 
運勢を知っているのと知らないのでは、人生は大違いです。

対面/電話占いのご案内

岩波れいみんがあなたのお気持ちやご事情を丁寧にお聞きし、開運のアドバイスをさせていただきますので、安心してご相談ください。