【2020年1月27日号】プチ贅沢で波動の高い世界に身を置く

◯◯さん、おはようございます。
 
インフル対策が必要かと思えば、今度は中国から新型コロナウイルスが広がっていますね。
 
でも、れいみん式輝翔運命暦は、健康管理にも役立ちますよ!
 
文末に、インフル対策について書いたアメブロ記事のリンクを載せておきますので、ぜひそちらも読んでみてくださいね。
 
 
さて、1/13号のメルマガで、「スタバ」を使った開運法についてお伝えしたところ、かなりの反響をいただきました。
 
 
多かったのは、
「私も今までずっと、スタバが気になっていたんですが、贅沢に感じて我慢していました。でも、行ってみます!」
というご感想。
 
 
店舗が増え続けているスタバですが、まだまだ、敷居が高いと感じる人も多いのですね。
 
一度でも入ってしまえば、だいぶハードルも下がると思うのですが、私も10年ほど前に、友人と一緒に初めて入った日比谷のスタバで、心臓バクバクでした。
 
 
当時もすでにスタバは流行っていたのですが、種類やサイズがたくさんあって、しかも英字だらけで、私はメニューのどこを見れば良いのか分からず、
 
他の人はみんな慣れた感じでぱっぱと注文していて、どんどん自分の順番が迫ってきて、
 
「ひえ~~~
注文の仕方がわからない~~??」
 
と、プチパニックに陥りました。
 
 
なんとかホットコーヒーを注文しましたが、友人のカフェラテが心から羨ましかったです(;^_^A
 
 
でも、ぐるりとガラス張りの店内はとても明るくおしゃれで、非日常的な気分に浸れて、軽いカルチャーショックでした。
 
 
 
思うに「贅沢」って、金額の高い安いではなく、自分にとって非日常体験かどうか、なのだと思います。
 
 
スタバは確かに、ちょっと高めのカフェですが、1度行ったくらいで
 
「どうしよう・・・やってしまった・・・」
 
と、青ざめるほどの消費ではないですよね。
 
 
敷居が高く感じるのは、本当は金額の問題ではなく、波動が全く違うから。
 
 
お店の雰囲気や、そこにいる人たち(客層)の波動が、普段自分がいる世界の波動と違うからです。
 
 
金額の高い安いだけだったら、例えば普段の食材や、消耗品をまとめ買いした時の方が、よほど金額は高いはず。
 
でもそれは、日常を保つための消費です。
 
 
ですからプチ贅沢は、金額の高い安いではなく、量の多い少ないではなく、
 
 
 
 
「いつも自分がいる世界より高い波動の世界に身を置く」
 
 
 
 
というふうに考えると、良いですね。
 
 
スピリチュアルでは、よく
 
「お金はエネルギー」
 
と言いますが、そういうことです(^^)
 
 
 
普段の生活で、運を味方につけて波動を上げる、さらに詳しい方法は、開運シェア会でお伝えしています。
 
インフル対策についてのアメブロ記事は、こちらです。
https://ameblo.jp/iwanami-raymin/entry-12568034332.html

対面/電話占いのご案内

岩波れいみんがあなたのお気持ちやご事情を丁寧にお聞きし、開運のアドバイスをさせていただきますので、安心してご相談ください。