【2019年9月9日号】「もう間に合わない」と諦めないでくださいね

◯◯さん、おはようございます。

今年は、オリンピックのチケット予約など、早い時期から来年のことを考える機会が多かった気がします。

そんな2019年も、残すところあと3ヶ月と少しですね。

毎年この時期になると、個人セッションに、ある傾向がみられます。

それは、
秋の駆け込み開運相談(^^)

「今年は結婚に向く年のはずなんですが、恋の出会いすらありません。年内の結婚に、まだ間に合いますか?(財宝年)」

とか

「今年は過去の運命の総まとめと書いてあるのですが、特に何も思い当たりません。何かしたほうが良いことはありますか?(感謝年)」

など、
うんうん
そうですよね。

財宝年が結婚に良い時期であっても、お相手がいなければ結婚しようがないですし、

感謝年が過去の総まとめといっても、ごく普通の日常を送っていると、ピンとこないかもですね。

でも、あるんです。

いつの運勢期であっても、その時その時、しておいたほうが良いことや、点検しておいたほうが良いことが。

例えば結婚だったら、本人が「結婚したい」と思っていて、運勢も結婚に良くて、それなのに現実のチャンスがやってこないのは、

その人の中の「何か」が原因で、運の流れと違う方に引っ張られているということです。

それは自信のなさだったり、過去の痛い思い出だったり、単純に怠け心かもしれません。

自信のなさから生じる願望は、

「自信がないことはしたくない」

です。

過去の痛い思い出から生じる願望は、

「また痛い思いを繰り返したくない」

です。

怠け心から生じる願望は

「おしゃれをしたり、相手に気を使うのが面倒」

など、いろいろです(笑)

でも、どれも「潜在意識」の願望なので、「顕在意識」にのぼってくる時には

「私、ほんとにほんとに結婚したいと思っているのに、出会いがないんです」

と、変換されるんですね。

と、いうことは!

結婚したいのに、結婚に発展しそうな出来事を無意識に遠ざけている、

「原因」

を、見つけ出し、取り除くことです。
これが、点検です。

健康診断と一緒ですね(^^)

◯◯さんも、

「○○したいのに機会がない」

と口にしていること、ありませんか?

それは、今年の運勢にマッチしていることですか?

もし、そのことをするのに良い時期なのに、運勢通りにいっていないのなら、

「機会がない」と諦めてしまうのは、もったいないです。

12の守護宮が同じだったら、運勢も同じですが、その人が置かれた環境や人間関係、思考や行動は、一人として同じ人はいません。

つまり運命を決めている一番大事な要因は、一人一人の違う部分です。

れいみん式の開運相談は、同じ守護宮であっても一人一人違う、その人を取り巻く運命環境を詳しくお聞きし、

本来の幸せな運命から逸れていた「原因」を見つけて取り除くための、開運アドバイスをしております。

◯◯さんがまだ、今年享受できるはずの幸せを手に入れていないなら、

「もう間に合わない」

と思わずに、私にご相談くださいね
(^^)

今年もまだ3ヶ月と少し、ありますよ。

対面/電話占いのご案内

岩波れいみんがあなたのお気持ちやご事情を丁寧にお聞きし、開運のアドバイスをさせていただきますので、安心してご相談ください。