【2019年6月3日号】6月の運勢を公開しました

おはようございます
岩波れいみんです。

先週無事に、anan占い記事監修のための取材が終了しました。

令和元年がスタートした5月は、10連休で仕事の予定が前後に押し出されたこともあって、めっちゃめちゃ忙しかったのですが、これでやっと一息つけます
(^^)

ananは、監修させていただくようになって、今年で10年目になります。

ページの構成は定番スタイルが出来上がっているので、ぱっと見は同じように見えるのですが、内容のほうは、毎回新しい切り口にチャレンジしているんですよ。

新しいアイデアは、編集者さんやライターさんと会って話す、第一回目の打ち合わせで出てきます。

私一人の頭の中で考えるより、世の中の最新の情報や読者のニーズを知っている人の考えを聞いて、お互いに思いついたことを擦り合わせたほうが、ひとりよがりではない、面白い企画が生まれます。

私があえて「監修」という形をとらせていただいているのは、そういう理由があるのですね。

いつも新鮮でいたいのです(笑)。

そうして生まれた今回の目玉企画は、

知らずにあなたの金運を落としている
「金運悪化のタネ」。

よく、朝のテレビ番組やweb占いで
「今日のラッキーアイテム」
などが出てきますが、不特定多数向けで時間や字数の制限があり、視聴者の方も忙しいので、あまり本格的すぎるより、インスタントな方が好まれます。

私は占いデビュー当時は、ソネットやBIGLOBEなど大手プロバイダーの公式占いを10社ほど書かせていただいていたので、内情をよく知っているのですね。

「12の星座を90秒ぴたりで」とか、
「1アイテムを8文字以内で」
などの制約があるので、十分な説明ができないことを残念に思っていました。

「チコちゃんに叱られる風」に言うと、
「なぜそのアイテムが良いのか、理由もわからないまま、やれラッキーだアンラッキーだのと言っている日本人の、なんと多いことか!」
ですね(笑)

その点、ananは12の守護宮を8ページで説明させていただけるので、私自身もしっかりお伝えできて嬉しいですし、オススメです。

さらにもう一つ、大事なことをお教えすると、開運にも、順序があります。

それは、運を上げたかったら、まずは運を下げている物や習慣を手放すほうが先だということ。
そのほうが断然、効果大です。

わかりやすく言うと、運気をこじらせている状態は、松葉杖をついたままレースに出るようなもの。
その状態で高性能のシューズやユニフォームを買い揃えるより、まずは怪我を治すほうが先ですよね。

運気をこじらせたままラッキーアイテムを投入したところで、「焼け石に水」になってしまうことが、あるのです。

ラッキーアイテムを使っているのにちっとも開運を実感できないという人は、順序が間違っているのかもしれませんね。

ところで今回のananは、実は私の初めての著書、
「タブーから斬る開運ブック」
で、当時大変話題を呼んだ企画のリニューアル版です。

その頃はまだ、占いの本といえば文字ばかりのモノクロのみで、
カラーのイラストや漫画を入れたのは、私の本が初めてでした!(^^)

また、「ラッキーファッション」という概念自体がなかったので、著書で発表した「タブースタイル」「ラッキースタイル」という見せ方が、やがて今日の「ラッキーアイテム」や「ラッキーファッション」に発展していきました。

もう20年前の本なので、今はアマゾンの中古で出品されていますが、かなりのプレミアがついているようです。
今日、再度見てみたら、
最高額は2万円以上!!(゚o゚;;

正直、その値段で落札していただくなら、直接私の対面セッションを受けてくださったほうが、よりパーソナルな診断ができると思うのですが、

もし手に取っていただける機会があれば、時代を感じる当時の表紙やイラストも、楽しんでみてくださいね。

対面/電話占いのご案内

岩波れいみんがあなたのお気持ちやご事情を丁寧にお聞きし、開運のアドバイスをさせていただきますので、安心してご相談ください。