【2019年5月6日号】覚醒する魂、しない魂の違い

おはようございます
岩波れいみんです。

令和初!のメルマガです
(先週に引き続き、言ってみたかった/笑)

前回のメルマガでは、
「2008年頃から、覚醒する人がどんどん増えている・・」

「そしてこのような能力は、本来私たちの誰もが持っていて、地球の次元上昇に伴い、急激に覚醒する人が増えている・・」
とお伝えしました。

でも、さらに月日が過ぎた2019年の今は、
「晩夏の時代(2010~2021年)」
の中盤を過ぎています。

「今世で覚醒する」
と決めた魂と、

「今世はもういいや、覚醒しない」
と決めた魂の、

振り分けに入っています。

今後も覚醒し続ける人と、
「もういいや」と、元に戻ってしまう人。

その違いは、何でしょう?

それは、

「自分自身の感覚を、信じることができるかどうか」

です。

なんでもそうですが、
初めて体験することは、刺激的です。

「うわあ、すごいなあ」

「楽しいなあ、面白いなあ」

と、素直に驚いたり喜んで、自分の感覚を疑うなんて、しませんよね?

「好き」に理由はないように、

「楽しいなあ、面白いなあ」
と感じるときも、いちいち理由なんて考えずに、

ぽんっ!

と、感情が出てきます。

そして
「楽しいな、面白いな、わくわくするな」
と、自分の感覚を素直に感じ取り、心をオープンにしていると、自然界のリズムに調和して、自然に覚醒していきます。

でも、会社や組織、家族などのグループに属しているとどうしても、この感覚を持ち続けるのは難しいんですね。

組織にはびこる、古すぎて不要な常識や、既成の枠組みに縛られて、

「良い悪い」

「正しい正しくない」

など、常にジャッジしてしまうことは、よくあります。

また、何かと物事を悪い方に考える人や、嫉妬心の強い人、人を不安にさせるようなことばかり言う人や、疑心暗鬼の人などが近くにいると、自分も低い波動に引きずられてしまいます。

あるいはあなた自身がネガティヴで、無意識のうちにまわりにも、マイナス思考を撒き散らしているかもしれないのですね。

だから、会社や家族の中にマイナス思考の人がいる場合は、引きずられない自分になるための、

自分自身がネガティヴな場合は、自分と取り組むための、

魂の学びが必要な時代なんですね。

なぜなら、
「今世は覚醒しない」と決めた魂のグループには、2022年から、かなり厳しい運命が待っているからです。

あと2年。

せっかく魂覚醒の大チャンスであるこの時代に、平和で豊かな日本の地を選んで生まれてきたのですから、どうぞ◯◯さんも、何が起きても揺るがない、穏やかで明るい心でいられるための魂の学びを、続けてくださいね。

対面/電話占いのご案内

岩波れいみんがあなたのお気持ちやご事情を丁寧にお聞きし、開運のアドバイスをさせていただきますので、安心してご相談ください。