【2019年3月18日号】運勢に影響する普段の服選び

おはようございます
れいみんです。

いつもメルマガをお読みいただき、ありがとうございます!

3月は年度替りの引き継ぎや引越しの時期ですね。

環境が変われば、人間関係もガラリと変わります。

でも、「どうも人間関係がうまくいかない」
「新しい人間関係を作るのが億劫」

という方は、いませんか?

もしかしたらそれは、普段の服選びのせいかもしれません。

そこで今日は、新しい人間関係をスムーズに構築するための、服選びの秘訣について、お伝えしますね。

◯◯さんが開運するための服選びは、◯◯さんの守護宮で見ることができるのですが、

さらに時代に合っていることも、大切なんです。

なぜなら時代運にマッチしない服に身を包んでいると、自然に他人や外の世界と関わりたくなくなってしまうからです。

これでは、「運を開きたかったら直接人と会う」ということが、難しくなってしまうんですね。

そして実は、時代運にマッチしない服装を好みやすい守護宮というのが、あります。

「ええっ!
自分だったらどうしよう~」

と、ドキドキしちゃいますかね(;^_^A

でも言います、ここまで言ったのですから(笑)。

ジャーーーーーン

時代運にマッチしない服装を好みやすい守護宮はーーー!!!

ごめんなさい!

露草宮(つゆくさきゅう)

浅葱宮(あさぎきゅう)

の方です。

実はこの2つの守護宮の方は、時代運にマッチしていない服の特徴を、肯定的に捉える傾向があるのです。

例えば
・重い
・かさばる
・硬くて丈夫な素材
・作業着のような服
・着るのに時間がかかる服

は、

・素材が昔からあるもので安心
・厚手の生地や硬い素材は長持ちする
・多少雑に扱っても傷みにくい
・汚れが目立たない
・服をきちんと着るには時間がかかる

と、感じやすいのです。

また、露草宮や浅葱宮の人は、ボタンを上から下まで全部しめたがる人が多く、スウェットなどは、特に年齢の高い人は、だらしないと感じる人が多めです。

そして今の時代は、堅苦しくなく親しみやすいムードをまとった人や、柔軟な感覚を持った人が、ついているんですね。

露草宮や浅葱宮の人は、
「見た目より中身が大事」
と考えるのですが、

中身を知ってもらおうにも、
初対面から人が寄り付かないようでは、どうしようもないので、結果として見た目で選ばれる人に負けてしまうのですね。

もちろん、露草宮や浅葱宮の人でも、

人生経験を積んで、自然に時代運に合ったファッションを選ぶようになった人も、たくさんいます。

そういう人は、初対面から好感度が高いので、人間関係にも恵まれて、人生が楽しくなります。

反対に、露草宮や浅葱宮の人以外でも、

時代にマッチしない服を好んでいると、
人間関係が停滞することがあります。

ですから
「自分はそうかも」
と、思い当たる人は、この春、イメージチェンジに挑戦してみてくださいね!

さらに、ここまで読んで、
「人間関係を良くする方法」を、もっと知りたい方のために、4月下旬に、春の特別セミナーを企画中です。

日時やお申し込みの詳細は、来週のメルマガで、お知らせしますね。

対面/電話占いのご案内

岩波れいみんがあなたのお気持ちやご事情を丁寧にお聞きし、開運のアドバイスをさせていただきますので、安心してご相談ください。