【2019年2月4日号】新しい幸せに向かって

おはようございます、れいみんです。

先日は私事ですが、父の死去に際し皆々さまから暖かい励ましや、お悔やみのメールを頂き、ありがとうございました。

葬儀施設の都合で、1週間ほど、亡き父と過ごす時間を持つことができ、先週、滞りなく葬儀を終えることができました。

今は何とか心の整理もつき、落着きを取り戻しつつあります。

気がかりは残された母ですが、普段から両親を気遣ってくれていた弟家族が同居しているので、そこは少し安心しています。

高齢の親を持つ方々にとって、親の健康や寿命について考えてしまうのは、ごく自然なことですね。

私は普段のセッションでは、人の寿命についてのご質問があっても、原則お答えしない方針ですが(と言っても、これまでご質問を受けたことはほとんどありませんが)

相談者様の運命を分析する中で、亡くなった親御さんの話が出てくることは、あります。

そして没年を見てみると、必ずしもご本人の弱運期とは限らないのですね。

とくに高齢の方の場合、本人の生命力が弱っていますので、家族への依存度が大きくなっていきます。

ですから寿命は、本人の運勢だけでなく、家族の運勢によっても、変わるのです。

「人は誰でも、一人では生きていけない」
とよく言われますが、それは命が尽きるときも・・・なんですね。

これは私の長年の個人セッションの中でも、たびたび実感したことですが、

同じ時代に、同じ家族として集合した、魂のグループの関わりは、本当に深遠で、奇跡の連続です。

そのような思いもあり、
anan占い監修陣の一人として参加させていただいた占いムックでは
「岩波れいみん母親占い」
を、考案したのですが、

親との確執から解放されると、その方自身の運勢が好転していくだけでなく、親のほうも、変わっていきます。

そして、一つの時代が終われば新しい時代がやってくるように、

人の運命も、
親の時代が終われば
子の時代がやってきます。

また、パートナーや同居の家族の運勢からも、大きな影響を受けます。

実は私の弟は、昨年までが冬の運勢でしたが、今年から運気が上昇していきます。

さらに私の母も、弟と同じ運勢です。

ですから母も弟も、この悲しみを長く引きずるというよりは、自らを奮い立たせ、乗り越えて、新しい幸せに向かって奮闘していくでしょう。

そしてそのことが、私や他の家族にとって、せめてもの救いであることは、言うまでもありません。

おとうさん、
お母さんは大丈夫だから!
安心してね。
今までどうもありがとう!

誰もがいつかは、大切な家族と別れのときがやってきます。

でも、どんなときでも、運勢がわかると、すべては「完全」であることがわかり、心が癒され、未来の希望を信じることができるのだと思います。

対面/電話占いのご案内

岩波れいみんがあなたのお気持ちやご事情を丁寧にお聞きし、開運のアドバイスをさせていただきますので、安心してご相談ください。