【2018年9月17日号】「叶えたい望み」を叶える方法

おはようございます、れいみんです。

先週から急に涼しくなってきて、過ごしやすくなりましたね。

猛暑の間はメイクをしてもすぐに汗で流れ落ちてしまって、ほぼすっぴんで個人セッションや講座をしていましたが

涼しくなってきたら、鏡を見たときの気分がかなり違います。

やはり女性ですから、少しでも綺麗でいたいですよね。

メイクが決まると、嬉しくなります(笑)。

先週は他にも、嬉しいことがたくさんありましたよー

まず、運命ナビゲーターを目指して「れいみん式」を勉強してきた0期生さんたちが、全員めでたくプロ認定となりました!

中級講座まで修了すると、スピリチュアルと運命分析学の両方の使い手になれるので、一度身につければ、人生のあらゆる局面で生涯役に立ちます。

でもそれだけに奥が深く、覚えることもたくさんあるので、会社員をしながら、子育てと主婦をしながら、忙しい毎日の中でたくさんの専門用語や運命の法則を覚えるのは、かなり大変だったと思います。

認定証授与のあとの打ち上げランチでは、

「せんせー、今だから言っちゃいますけど」
「まさか自分が最後まで続けられるとは思ってもみませんでした」
「私も」
「私もです」
と、オドロキの告白が。

なぜ驚いたかというと、私はずっと
「全員やりきれる!」
と思っていたからです。

「自分だけでなく、周りの人も幸せにしたい」
という、私の熱い思いに共鳴してくれた生徒さんたちなので、

その気持ちが消えていないなら、やりきれると信じていました。

でももし私自身がブレていたら・・・

「難しいかな、無理かな」

と、不安な波動を出していたら・・・

途中で挫折していた生徒さんも、いたかもしれません。

波動はとても大切です。

そして嬉しいご報告は、初級講座を受講された別の方からも。

こちらの方は、昨年家庭のことで重要な決断のチャンスを逃してしまい、ズルズルと望まない方向に引っ張られていました。

「意思強固な夫の決断を、なんとか変えられないか?」

「周囲を巻き込んで動き始めている◯◯の話を、なんとか止められないか?」

と、藁をもすがる気持ちで、初級講座を受講されたのです。

このように、藁をもすがる気持ちで「叶えたい望み」がある場合、私は受講前に、必ず念を押します。

「◯◯の話を止められるかどうかは、わかりません」

「ただ、今の望まない状況を作り出しているのは、あなた自身の心です」

「ですから周りを変えるのではなく、自分を変えて、現実を変えていきましょう」

本人が絶対にイヤだと思っている話が、実は望む人生につながっていく話であったり、もっと大きな望みを叶えるための課題だったりすることは、よくあります。

ですから
「◯◯の話を止めるのが正しいこと」
と、良い悪いの判断をせず、すべて天に委ねるのです。

そうしてこの方が、初級講座の受講を経てどうなったかと言いますと・・・

まず受講を始めてすぐに、なぜか夫婦喧嘩が激減しました。
(なぜかと書きましたが、本当はちゃんと理由があります)

次に、今起きている問題が、幼少時のトラウマとどうつながっていたのか、はっきりとわかりました。

他にもたくさんの気づきがあり、心も体もじんわりと癒され、現実がどんどん変わっていきました。

そして奇跡は、4日間の受講を終えた数日後に、起きました。

なんと「◯◯の話」が、急遽立ち消えになったのです。

突然、常識では考えられないようなことが起きて、意思強固なご主人も喜んで考えを変えることになり、周りも丸く収まりました。

この方の守護天使は、かなりお茶目でサプライズ好きだったようです(笑)。

運命分析学とスピリチュアルを併用すると、常識では考えられないようなことが、普通に起きるようになります。

大切なのは、自分で自分に「幸せになっても良いんだ」と、許可できるようになること。

そのためのメソッドが、「れいみん式 輝翔運命暦(きしょううんめいごよみ)」です。

対面/電話占いのご案内

岩波れいみんがあなたのお気持ちやご事情を丁寧にお聞きし、開運のアドバイスをさせていただきますので、安心してご相談ください。