【2018年7月23日号】我慢ばかりの望まない人生から卒業したい!

おはようございます、れいみんです。

猛暑が続いていますね。

35度超えが始まったあたりのある朝、起きた時から頭が痛い日がありました。

家事をするうち気持ち悪くなり、しばらく休んでいたのですが、ふと気づいて水を飲んだら、ゴクゴクゴクゴク・・・

何この止まらない感じ?!

しまった!脱水症状だ!

と、さらにポカリスエットを飲んだら、みるみる元気になりました。

危ない危ない(><)

天気予報で熱中症対策も見ていたのに、うっかりしていました。

皆さんも気をつけてくださいね!

ところで、熱中症対策や災害時の避難勧告など、外部から何らかの情報が入ってきても、

「自分は大丈夫」

「私には関係ない」

と、瞬時に判断してしまうことって、意外と多いですよね。

そうなる原因として、「正常性バイアス(偏見)」と「経験の逆機能」という、2つの心理が働いているそうです。

人間は、毎回物音などに驚いていては精神のバランスを保てないので、日常生活で小さな異常があっても、一定レベルまでは「たいしたことない」「正常の範囲内」と解釈する性質があるのだそうです。

これが災害時には悪く作用し、いつもと違う状態や危機を、楽観的に捉えてしまい、避難勧告を聞いていても、逃げ遅れたりするそうです。

そして、こういう「心の働き」は、れいみん式 輝翔運命暦(きしょううんめいごよみ)でも読み取れます。
運命盤で見ると、「晩冬」の性質です。

・いつも冷静で、何が起きても動じない
・少しくらいの苦痛や不便に弱音を吐かない
・決断して行動するまでに時間がかかる
・悩んでいる人や痛がっている人に、我慢を強いる

などが特徴で、

ガテン系やスポーツの世界では、良い方に働く性質です。

また頼り甲斐があるとか、強さや男らしさといった魅力にもつながります。

でも現代の時代運は、「やりたくない」「不快」と思うことからは、素早く逃げないと危険な時代。

・「暑いな」と感じたら、ためらわずにクーラーを使う。
・喉が渇いたと感じる前に、こまめに水分を取る
・外での作業は短時間にする
・気分が悪くなったら無理せず休む

などの情報があっても、晩冬の性質を良しとしている人は、

「自分は大丈夫」

「自分には関係ない」

と、ギリギリまで耐えてしまいやすいのです。

そして無意識のうちに「晩冬」の性質を使いがちな人は

ズバリ

牡牛座(丑年)生まれの人です。

もしも◯◯さんが丑年生まれだったり、人からよく

「我慢強い」

「物事に動じない」

と言われるようなら、熱中症にも気をつけてくださいね。

そして、我慢ばかりの望まない人生から卒業したい!という方は、HPの動画も見てみてください。

私れいみんが、どうやって望まない人生から卒業したかという話をしています。

幸せになりたい◯◯さんのために、私の経験が少しでもお役に立ちますように!

対面/電話占いのご案内

岩波れいみんがあなたのお気持ちやご事情を丁寧にお聞きし、開運のアドバイスをさせていただきますので、安心してご相談ください。