【2018年6月4日号】女性が鍵となる時代到来!?

おはようございます、れいみんです。

先週末は、息子の学校の体育祭でした。

そこで今日は、息子が思いついたある名案(妙案?)を、こっそりお話ししちゃいますね。

体育祭では毎年、高3男子女子それぞれの集団演技が目玉で、子どもたちも先生方も、毎日朝早くから登校して練習に励んでいました。

息子も学年有志に手を挙げ、クラスメイトにリレーの指導をしたり(陸上部だったので)、みんなで一致団結して集団演技ができるよう、有志の仲間と頑張っていました。

その甲斐あって、リレーも集団演技もその他の競技も見応え十分で、保護者もウルウル感動。
本当に、素晴らしかったです。

でも実はその陰には、クラスが直前までバラバラで全然まとまらない、悩ましい状況があったそうです。

まあ、この時期の子どもたちに特有の雰囲気ですね。

特に男子は、

「みんなでやるとか、だりいー」
「体育祭の練習、めんどくせー」
「オレ知らねー、お前考えといてー」

など、何かにイライラをぶつけたくなったり、優等生的な振る舞いにわざと反抗するのは、ありがちσ(^_^;)

運命学的に見れば、若くて体力を持て余している健康の証でもあるのですが、その刺激や摩擦を乗り越え、より健全で強い運命へと成長していく年代です。

息子や有志の友人たちとしては、そんなクラスを協力しあえるムードに変えたい!という方に、刺激や意欲を感じたようです。

とは言え、非協力的なグループに協力してもらうよう説得するのは、やはり簡単なことではなく、有志メンバーで悶々と悩む日々。

そんなある日、息子が思いついたグッドアイデアです。

息子
「お母さん、もう(非協力的なグループのボスに)僕から説得するんじゃなくて、クラスで一番可愛い女の子から言ってもらおうと思うんだけど、どう思う?」


「おおーー!いいんじゃない!
(≧∇≦)」

ね?
笑っちゃうくらい、シンプルですよね。

息子がこの妙案を閃いたのは、テレビの動物番組を見ていたとき。

猿山のボスの話で、オス同士は近くに寄るだけで牙をむき出しマウンティングしようとするのに、メスには一転、優しくしているのを見て、「これだ!」と思ったそうですよ(笑)

奇しくも、運命学的にもこれからは、女性が経済を握っている組織が繁栄する時代。

我が息子も、女性の活躍をサポートできるオトコになれば将来安泰だわ・・・と、頼もしさを感じる母なのでした。

そして女性の皆様は、女性の上に立つのではなく、下から肩車で担ぎ上げてくれるような男性をパートナーにすると、金運がアップしますよ(笑)

対面/電話占いのご案内

岩波れいみんがあなたのお気持ちやご事情を丁寧にお聞きし、開運のアドバイスをさせていただきますので、安心してご相談ください。