【2018年1月15日号】ネガティブな声をポジティブに変えていきましょう

こんにちは、れいみんです。

この週末は日本全国で、大雪や寒さによる影響が出るなど、大変寒かったですね。

東京も冷蔵庫並みの気温で、文字通り、耳がちぎれそうな寒さでした。

私は帽子を被らず出かけてしまい、耳がジンジンしてきて、気付いたら心の中で「耳いたいー、耳いたいー、まだ(目的地に)着かないー」と、念仏のように唱えながら歩いていました(笑)

そう、潜在意識って、とってもおしゃべりなんです。

考えるつもりはなくても、目に映ったものや耳に入ってきた情報、身体が感じていることを、無意識のうちに呟いています。
繰り返し、繰り返し、まさに念仏のように。

そうしていつの間にか、自分で自分を洗脳していきます(こわっ)。

私もここ数日は、「寒いね」という話題が出るたび、反射的に「ほんとよね!耳がちぎれそう!」と返していました。

・・・って、多分この程度なら、人生に及ぼす影響も大したことなさそうです。

でも中には、人生に大きなマイナス影響を及ぼす、怖ーい念仏もあるんですね。

例えばこんな感じの念仏、あなたも唱えていることありませんか?

「仕事に行きたくないなー、でも働かないと生活できないしー」

「いやだなー、あの人に会いたくないなー」

「やりたくないなー、でもやると言ってしまったし」

これらのネガティヴフレーズは、

「私はやりたくないことをしなくてはいけない」

「私はやりたくないことをしないと価値がない人間だ」

という思い込みになり、心の奥深くに刷り込まれます。

するとどうなるか。

本当にやりたいことが目の前に現れた時、

「やりたいこと」をやると罪悪感を感じ、

だから「やりたいこと」を蹴散らして

「やりたくないこと」にしがみつくようになってしまうのです。

例えば、転職してやっとブラック企業をやめられたと思ったら、またブラック企業に勤めてしまった・・・という人も、この念仏の効果絶大です。

そしてそれは、昔の私でした(汗)。

詳しい話はまたいつか、機会があれば書いてみたいと思いますが、

大事なのは、一刻も早く「やりたくないことをやらねば」と、思っている人生から、抜け出すことです。

そして潜在意識を書き換え、新しい世界の扉を開ける「運命のカギ」は、一人一人、生年月日によって違います。

「運命のカギ」さえ分かれば、人生はいつからでも変えられますよ!

対面/電話占いのご案内

岩波れいみんがあなたのお気持ちやご事情を丁寧にお聞きし、開運のアドバイスをさせていただきますので、安心してご相談ください。