心と身体のつながり

今日は両親と妹と一緒に、入院中の叔母のお見舞いに行ってきました。

叔母は難病指定の病気で、

体中の筋肉が萎縮して動かせなくなり、

言葉を発することもできなくなってしまいました。

でも頭はしっかりしていて、頷いたり目で答えることはできます。

私たちが会いに行くと、みるみる涙が浮かんできて、うっすらと微笑んでくれました。

原因が解明されておらず治療法もない病気なので、何もしてあげることができないのですが、それでも、家族や親戚が会いに行くと、とても喜んでくれます。

父は叔母の兄で、叔母は昔からとても父を慕っていました。

いつもニコニコ笑顔で明るくて、

面倒見が良くて働き者。

いつも自分のことより人の心配ばかりしている、優しい叔母。

だから誰もが、

「あんないい人が、なぜ・・・」

と、言葉を失ってしまいます。

私たちは毎日普通に、

何かを決断したり、

行動することができますが、

老いていくといつかは、

意思や感情はあっても身体を動かせなくなるときが、

誰にでもやってくる可能性があります。

自分の意思で肉体が動いてくれるって、

本当はすごいことなんですよね・・・。

せめて家族が会いに行くことで、叔母の気持ちが少しでも癒されますように・・・

対面/電話占いのご案内

岩波れいみんがあなたのお気持ちやご事情を丁寧にお聞きし、開運のアドバイスをさせていただきますので、安心してご相談ください。