我が子の人生が好転します

こんにちは、運命ナビゲーター岩波れいみんです。

心の中がネガティヴな思いでいっぱいになっている時って、ついついまわりの人や社会を責めてしまったりしがちですね。

大人ですらそうですが、我が子がそういう状態になったら、親は本当に心配ですよね。
私にも高校生の息子がいるので、その気持ちはとてもよくわかります。

でも、はたから見ると強い態度を取っているようでも、実はその人(子)が一番責めているのは、自分自身です。

だからどんどん自分が嫌になっていくし、自信がなくなってしまうんですね。

本当は、みんなと仲良くしたいのに!
本当は私もキラキラ輝きたいのに!

そう思っていても、自分にとって影響力のある人(親や家族、パートナーなど)から、常に「心配だ」「心配だ」と言われているうちに、
「私はまわりから心配されるような、たいした価値のない人間だ」

という間違った思い込みが、潜在意識に刷り込まれてしまいます。

もちろん「心配だ、心配だ」と言われて、「心配かけないようにしっかりしよう」と思う守護宮の人もいます。

でも、周囲と波風立てたくない受け身タイプの守護宮の人にとっては、自分に貼られたレッテルがネガティヴワードであっても、影響力のある人に面と向かって否定すること自体が難しいです。

するとだんだん、相手の言葉通りに、心配されるような言動を取るようになってしまいます。

これがいわゆる「負のパターン」なんですね。

その人(子)にしてみれば、自分は無抵抗で影響力ある人の言葉に従っているのに、なぜか人生がうまくいかない。
努力しても虚しい、そのワケがわからない。

自分は本当はどうしたいのか?
何が良くて何がいけないのか?

考えても考えても自分ではわからないので、放置していると、心の病になってしまうこともあります。

でも運命の真実を知り、自分は本当はどうしたかったのかがわかると、みるみる自信が湧いてきます。

すると、それまで自分を守るために強い態度を取ってきた人や、親に対しても、素直で穏やかな態度で接することができるようになります。

我が子の人生が好転します。

体験セミナーのご案内

体験セミナーを随時開催しています。
ご興味のある方は、ぜひお気軽にご参加ください。