二極化時代と晴れ女/未来は波動でわかる

私は昔から、どんなに大雨の日でも台風が来ていても、車や電車を降りた途端にピタッと晴れたり、ちょっとそこまで出かけるときだけ一時的に雨が止んだり、それが普通でした。

降りそうな時も、帰宅して家に入った直後にジャーーーッと大雨になったり、マンションに住んでいた時は建物に入ってエレベーターで上の階に着いたら、目の前の空は雷ゴロピカ横殴りの雨でびっくり・・・なんてことも日常。

だから天気予報の週間予報も見ないし(雨の予報になっていても当日は晴れると思っているので)、当日の予報が雨でも「ま、大丈夫でしょ」と、傘を持たずに出かけてたんですよね。

去年までは。

が!
今年は!

にゃんと外を歩いている時に大粒の雨がポツポツ降りだしたり
傘を持たずに出かけたら出先で降られたり

「うそでしょ??信じられな〜いっと愕然としちゃって・・・」

と話したら、美容師さんも私と同じタイプの晴れ女だったようで、
「そうなんですよ!私も最近は降られるんです!もう、うそでしょ〜〜って思いました」

「あ、やっぱり?この感覚、わかってくれて嬉しい〜音譜私が雨に降られるなんて、ホント何が起こったの?という感じよねっ?!(笑)」

「他の晴れ女さんも降られてるってことは・・・そのくらい最近の異常気象が加速してるってことね」

「あ〜、そうかもしれないですね〜」

と、多分他の人が聞いたら『???』というオチで、お互いふむふむと納得(笑)。

夫はどちらかというと雨男なので、話しても「ふ〜〜ん」って感じで全然反応ないんですが、同じ感覚を共有できて、とても楽しかったです♡

***

さて、ここからは運命学のお話です。

地球の波動がどんどん変わっている今、自然界も気候も、どんどん二極化しています。
極端に気温の高い日と低い日が交互にやってきたり、ついさっきまで晴れていたのにゲリラ豪雨が降り出すようになったのは、ほんの数年前からですが、ここ数年のさらなる二極化は、本当に凄まじいですね。

そして私たちは、自分が生まれ落ちた時代や、社会の影響を大きく受けています。

時代を動かす大きな運を見てみると、2010年からは大変革期に突入し、「あらゆる世界で淘汰と二極化が進む」という時代になっています。これはどんな大企業であっても、国家であっても、逃れることはできない運命です。

中でも2017年・鷲座の今年は、「声の力」が強大化しています。
陰陽でいうと、今年は「陰」の年のため、この声の力で「相手をねじ伏せる」ようなことをすれば、たちまち鷲座の象意である「舌戦」「報復」「軍団(軍事力)」の方向に傾きやすいのです。

するとどうなるか?

それは、そういう波動のエネルギーで行動している人を見てみると、わかります。

今で言うと、わかりやすいのはアメリカ大統領のトランプ氏でしょうか。

こちらに詳しい話を書いているので、興味のある方はぜひ読んでみてくださいね。

れいみん式輝翔運命暦 体験セミナーのご案内

体験セミナーを随時開催しています。
ご興味のある方は、ぜひお気軽にご参加ください。