身体の痛みが教えてくれること

あなたは何か「嫌だな」と思う物事や、苦手な人のことを考えたとき、胃が痛くなることはありますか?

それはあなたの身体からの、とても大事なメッセージなので、覚えておいてくださいね。

でも、今日お伝えしたいのは、胃が痛いと感じる物事や人に対してどうこうという話ではないんですね。
あなたの身体が「ちゃんと反応できている」ということについてのお話です。

帰蔵易(きぞうえき)時代が始まる少し前の2008年くらいから、世界中の人々がどんどん「覚醒」しています。

でも、魂の気づきと次元上昇に肉体がついていくのは、実はかなり大変なことです。

魂は、「陰陽の陽=空体」なので、「気づき」と「感謝」がきっかけとなって、一瞬で高次の次元に上昇していけます。
対して肉体は「陰陽の陰=形成体」なので、一緒に上昇しようとしても質量的なズレが大きく、何かと不調和が起きてしまうのです。

周波数が、全然違うんですね。

それにより「不調」と感じる身体現象が現れる人が多いです。

具体的には、猛烈な眠気やだるさ、目眩などが、典型的な症状です。

そのことを知らないと、夏バテかなとか年のせいかなと思ったり。

でも、「〜ねばならぬ」の自制心が強いタイプの人は、眠気やだるさも意志の力でなんとかしようと頑張ってしまう傾向があります。

それだけではなく、本来なら胃が痛くなってしまうようなストレスフルな環境にいても、自分の感覚を麻痺させるという荒技を自分の肉体に課して、魂が苦しくなる環境に順応してしまうことがあります。

そんな自制心の強いタイプの人が、「全ては繋がっていたんだ!?」と、ワンネスの真実に気づいたとき。
たちまち身体が楽になるか?というと、その限りではないんですね。

むしろ麻痺していた感覚が正常に戻って、身体の異変を感じることがあります。

***

桜宮(さくらきゅう) O様

初級講座1日目の、身体的変化
講義の翌朝、ずっと左足付け根がポキポキと鳴って違和感を感じていたのに、痛みも音も全くなくなっていて驚きました。(まだ時々は痛むのですが。)心と体は一致している、と改めて実感しました。

初級講座2日目の、身体的変化
瞑 想をしてから身体がとても熱く、だんだんぼーっとしてきて、帰宅したら起きていられないくらいだったので早々に就寝したのですが、夜中に激しい胃痛で目が 覚め、その後落ち着くまで大変でした。2日経ってもまだ身体が熱くてフラフラ気味なのですが、先生からデトックスですね、と仰って頂き、デトックス後が楽しみです。

***

「変容」についての具体的な知識がないと、不安になることがあります。

身体の痛みが教えてくれるのは、あなたが宇宙から愛され、守られているということです。

初級講座を受講中の方には、このように急な変化に戸惑わないよう、いつでも気軽にご相談してもらえる体制を作っています。

「自分を変えたい」「変わりたい」と思っているけれど、ちょっぴり不安・・・という方も、安心して受講してくださいね。

対面/電話占いのご案内

岩波れいみんがあなたのお気持ちやご事情を丁寧にお聞きし、開運のアドバイスをさせていただきますので、安心してご相談ください。