れいみん式 輝翔運命暦とは

個人の運命にも自然界と同様、春夏秋冬の四季のサイクルがあります

「れいみん式 輝翔運命暦」は、長年古今東西の占術神秘学を研究し続けてきた岩波れいみんが、その集大成として新たに確立した新占術です。日本で生まれた優れた運命分析学とスピリチュアルなメソッドを融合し、生年月日に隠されたカギを使って、現実をスピーディに変えていきます。

目に見える世界で起きている様々な出来事は、一人一人の意識の具現化です

具現化のスピードは2008年頃から加速し始め、その頃から、予知夢を見たり超感覚に目覚めたり、「自分を変えたい、変わりたい」と思うようになってきた人々が増えているようです。特に日本では、2011年の東日本大震災を機に、日本人全体の集合意識が「何のために生まれてきたのか」「自分は今世で何をしたいのか」という視点に目覚め、内的変容が発動した人が多いようです。
そしてこれらのことはすべて、私が20年近く研究してきた運命分析学を使うと、理論的にも解明できるのです。


ではこの新時代を、私たちはどう生きていけば良いのか?

過去の常識や価値観がどんどん淘汰されていく時代に、何を信じれば良いのか?
それは一人一人が、「起きることはすべて自分が引き寄せている」「相手は自分の鏡」「未来はもちろん、過去も変えられる」という真実を知り、本当の自分を知ることです。そうすることで、他者の価値観や自分の周りで起きている出来事に影響を受けなくなります。

「れいみん式 輝翔運命暦」は、生年月日に隠された鍵を使い、暦を使うので、霊感など特殊な能力を持たない人でも、人生の現実的な軌道修正ができます。そうすることで人間関係が円満になり、愛するパートナーに出会え、金運を引き寄せて、感謝の人生に変えていくことができます。

れいみん式 輝翔運命暦で見るそれぞれの季節

れいみん式 輝翔運命暦では、1年・1ヶ月・1日単位でそれぞれ12の季節を定めています。
人生にも四季があります。ここでは12の季節をご紹介します。


新風期

初春。心機一転で未来の希望を感じる時期。経験したことのない新しい流れが生まれます。新風期は、長い低迷期が終わり、植物が芽を出すように活動開始のときです。自分の運...

詳しくはこちら

挑戦期

仲春。人と出会い、様々な経験を積むことで可能性が広がる運気。失敗を恐れず行動を。挑戦期は、新緑が育つように可能性が広がる時期で、あなたを取り巻く環境も暖かく穏や...

詳しくはこちら

自律期

晩春。過去の常識や他者の価値観は放棄し、自分で判断&決断をするタイミング。自律期は、挑戦期に伸ばしてきたたくさんの枝葉の中から、様々なことを決断しなければならな...

詳しくはこちら

内観期

初夏。ストレスによる疲労がたまりやすい時期。焦りの原因は何か内観するとベスト。今は蕾の時期。新風期からエンジン全開で働いてきた運命がちょっと疲れ気味になりがちな...

詳しくはこちら

具現期

仲夏。夏のピークのように行動力みなぎる運気。起きることは全て自分が引き寄せたこと。いよいよ具現期。光に満ちた真夏の到来!気温がぐんぐん上昇するように、運気もピー...

詳しくはこちら

浮遊期

晩夏。運気が盛りを過ぎる夏の終わり。過去の自分を卒業したくなっても、焦らないで。幸運な人気期の余韻で気分は上々ですが、運気は盛りを過ぎて少しずつ勢いを失い始めま...

詳しくはこちら

継続期

初秋。望むと望まざるに関わらず、あらゆることが繰り返される時期。これまでの努力がそろそろ実を結び始める時です。目標を達成するなら、これまでやってきたことを土台に...

詳しくはこちら

財宝期

仲秋。過去の生き方が具現化され、金銭面に動きが出るタイミング。仕事も活性化。財宝期は、努力した分だけ大きな実りが得られる運気です。仕事は忙しくなりますが、収入も...

詳しくはこちら

感謝期

晩秋。収穫の時期を迎え、あらゆること、人に感謝の気持ちを持てば運気はさらに上昇。感謝期は、これまでの努力の成果がすべて収穫される時です。具現期にかなわなかった願...

詳しくはこちら

調和期

初冬。運勢が徐々に停滞して行く冬の始まり。自己流ではなく他者との調和が功を奏す時期。気温が低下するように、運気も下降し始めます。過去のやり方や考え方が通用せず、...

詳しくはこちら

変容期

仲冬。真冬の運気。独りよがりは避け、対話することで本当の自分に気付き変容できる。思い通りに物事が進まない上に、次々と新たな課題がやって来ますが、苦手克服の大チャン...

詳しくはこちら

浄化期

晩冬。執着を手放すと、どんどん身軽になっていける時。自分に不必要な物を見極めて。浄化期に入ると凍り付いていた運命も溶け出し、トラブルも徐々に収まっていきます。こ...

詳しくはこちら